今日出会えたEnglish

1日で触れることのできた英語について思いをはせます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

subway

[Subway]

会社で受けている英語研修。
こういってはなんだが、うちの会社ではどうも英語とほとんど縁がなかった方が多く、一緒に受けている社員の方のレベルに少し驚く時があります。
単語一つとっても、「え?コレ知らないの?」ということが多々。

この前あったのが、”subway”。
習っているのがアメリカ英語だから当然「地下鉄」ということになります。
講師がイギリスでは”underground”だと教えると、「へぇー」の合唱。
私がついでに、「もしくは”tube”ですね」と言うと、「ほほおー」「ちょっとかっこいい」。

その後に続けて「"underground"は確かアメリカでは地下道で、逆に"subway"がイギリスで地下道じゃなかったですか?」と私に聞いてきました(当然ロンドンにいたことを知ってて聞いてきてます)。
私は、それを聞いて「え?そうでしたっけ?」と答えてしまいました。前半は納得して聞いていたのですが、「イギリスで地下道って何て言ってたっけ?」と悩みました。街のあちこちに出ていた看板の姿を思い出しましたが、地下道らしきものは浮かびませんでした。

辞書で調べてみると確かにそのようです。
1年も住んでおきながら、身近なもの以外に知らなかったなあ、と思わされました。
よくよく考えると、地下道なんてOxfordStreetからHydeParkに渡る時に通ったぐらいで、他はほとんどなかった気がします…(いや、実際はもっとあると思います)。

他人の無知を高笑いする余裕なんてなかったのですね。

※ このサイトで使う英語はすべて、英辞郎 第2版でチェックしています。

--------------------------------------------------------
ロンドン留学伝
http://sincos0715.fc2web.com

スポンサーサイト
  1. 2005/09/29(木) 07:11:14|
  2. 留学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

コメント

はじめまして

言の葉energy から飛んできました。

英語って地域ごとに違ってて、面白いですよね。
イロイロ勉強になります。

また、訪問させていただきますね。
 
     英語どころか、日本語も怪しいPokopen
  1. 2005/09/29(木) 11:47:49 |
  2. URL |
  3. pokopen #XMitvJuw
  4. [ 編集]

国によって

言い方が違うのは、仕方ないけれど、学習者は困りますね。
留学や海外出張のときは、行き先の国出身の先生に習っていった方がいい・・・ってことになりますね。
under(の下)ground(地面)
sub(下の)way(道)
は地下のイメージがあるけれど、tube(管)って言うのは、ユニークですね。やっぱり、チューブって感じなんですか?
  1. 2005/09/29(木) 12:02:07 |
  2. URL |
  3. 道子 #-
  4. [ 編集]

TOEICも…

国によって違う現状を反映して、TOEICでも米、英、豪、加の4カ国の英語が、リスニング問題として出るらしいですね。しかも25%ずつ等分で。

豪もですか?と言いたくなりますね。
”Today”をトゥダイ、”See you later.”をシーユーライター、”A4 Paper”をアイフォーパイパーと発音するらしいですよ。彼らは。かなり手ごわくなるTOEIC。

ちなみに、イギリスの地下鉄はやはりTubeって感じです。かれらには小さすぎるくらいかわいい乗り物
  1. 2005/09/29(木) 23:47:43 |
  2. URL |
  3. sincos0715 #fwl3aKnc
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sincos0715.blog2.fc2.com/tb.php/73-e2e8fccd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。