今日出会えたEnglish

1日で触れることのできた英語について思いをはせます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Now in labor

[Now in labor]

私の留学の場合、家族と渡英したため、家族や子供を持つが故のいろいろな体験をしました。その1つが出産です。
嫁さんの妊娠が留学前にわかりながらも、そのまま渡英。イギリスで出産しました。

出産当日、陣痛(”labor”)が始まると、”Labor has started”と電話で看護婦に伝え、車で病院に向かいました。
事前に受けた「両親学級」で、出産は急用ということで、”Now in delivery”(分娩中)という貼り紙をしておけば、病院内への無断駐車が許されると聞いており、そのとおり貼り紙をしました。
出産無事終わり、車に戻ってみて気づいたのですが、誤って”Now in labor”(陣痛中(???))とヘンテコな英語の貼り紙をしていました。まあ意味は通ったらしく、無断駐車は許されていたのですが。

それにしても、陣痛(”labor”)が「労働」と同じ、分娩(”delivery”)が「運搬」と同じ言葉であるというのが、どうもしっくり来ないですね。なんか出産が義務的で事務的な印象がしてしまうのは、私だけでしょうか?

ちなみにイギリスでの出産話、コチラに詳しくUPしてますので、ぜひ寄ってください。

※ このサイトで使う英語はすべて、英辞郎 第2版でチェックしています。

--------------------------------------------------------
ロンドン留学伝
http://sincos0715.fc2web.com
スポンサーサイト
  1. 2005/08/24(水) 06:25:56|
  2. 留学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sincos0715.blog2.fc2.com/tb.php/66-bbc1fc03
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。