今日出会えたEnglish

1日で触れることのできた英語について思いをはせます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

I've been there.

[itinerary]

先日、仕事でインド人とテレビ会議をする機会がありまして。
彼らが来月に日本に来るのですが、その日程について話しあうのが目的でした。
事前に彼らから送られてきたメールに”attached itinerary”と書いてあり、"itinerary"って何?と思いながらその”attached”されたファイルを開いてみると、彼らの希望の旅行日程が書かれていました。

まあ、この旅行日程(itinerary)をベースに話し合ったわけですが。
業務で話し合うのは初めてだったのですが、私の留学経験で得た英語なんて仕事の場面になると、ほとんど使えないなあ、というのが感想でした。相手がインド人ということで、かなり発音が違うし、テレビ電話ということで話が聞き取りにくい。そして、出てくる単語が専門的。私が自分から話すと、その業務上の単語が通じず、いまいち意味が理解できてもらえなかったり。

一方、海外業務経験の長いベテランの社員などは、発音なんか完全に日本っぽいし、表現も極めて教科書的で不慣れな感じですが、単語が適切だからよく伝わるし、インドでの業務経験が長いからか、彼らの発音もよく聞けるようでした。

イギリス人の英語に慣れても、留学で大学の英語に慣れても、仕事のそしてインド人の英語に慣れるには、また勉強が必要なようです。世界中で英語が話されているということは、それだけいろいろなケースにも対応していかないといけない、ということですね。

※ このサイトで使う英語はすべて、英辞郎 第2版でチェックしています。

--------------------------------------------------------
ロンドン留学伝
http://sincos0715.fc2web.com
スポンサーサイト
  1. 2005/08/19(金) 06:25:27|
  2. 留学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sincos0715.blog2.fc2.com/tb.php/64-37bce4f9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。