今日出会えたEnglish

1日で触れることのできた英語について思いをはせます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

clockwise

[clockwise]

ロンドン滞在中の通学は、最初は地下鉄を使っていたのですが、
慣れてきて、路線がわかるようになると、バスに切り替えました。
時間は倍ぐらいかかるのですが、街が見渡せることと、乗っている間にラジオが聞けて英語の勉強になるからです。往復2時間みっちりBBC Londonを聞いていました。

さすがにLondon市内限定のラジオらしく、ローカル情報いっぱいで、特に渋滞情報なんかは15分おきで流れます。
往復2時間の間に、この渋滞情報を都合7、8回聞くわけです。
おかげで、交通関連の言葉にも慣れました。

そのうちの1つが「時計回り」という”clockwise”。
例えば、
”M15 clockwise still looking slow, due to the accident.”
(M15の時計回りは、事故のためまだ渋滞中のようです。)

M15というのは、環状の高速道路の名前ですが、こういった言い方をします。日本では、環状線は「外回り」「内回り」というのが多いですが、イギリスでは”clockwise””anti-clockwise”という表現。
もちろん、交通関係だけでなく、他の場面でも使えます。

※ このサイトで使う英語はすべて、英辞郎 第2版でチェックしています。

--------------------------------------------------------
ロンドン留学伝
http://sincos0715.fc2web.com
スポンサーサイト
  1. 2005/08/13(土) 07:25:09|
  2. 留学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sincos0715.blog2.fc2.com/tb.php/61-3b9be00b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。