今日出会えたEnglish

1日で触れることのできた英語について思いをはせます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

demanding

[demanding]

VOAニュース提供のMP3で、マッカーサー元帥の話がありました。
彼のことをまとめると以下のようになります。

”He was born to be army.” (生まれながらにしての軍人)
彼のお父さんもまた、軍隊でトップの指揮官でした。

”He didn't forget what other people could do.”
(他人が忘れることを忘れない)
記憶力がよかったようです。

”He was an unusual and demanding person.”
(彼は非凡で要求のきつい人だった)
とにかく人の思いつかないような作戦を実行する、非凡な才能そして実行力(他人に自分の作戦をやらせる)の持ち主でした。

”demanding”
知らないとなんと訳せばよいかわからなくなります。
最初、要求ばかりする「甘えた」人と思いました。ですが、マッカーサーのイメージに合いません。
そういう裏の意味はなく単に「要求のきつい」人でよいのです。
物等につくと、「要求のきつい」→「ハードルの高い」→「難しい」という意味になります。しかもdifficultよりもっとレベルのたかい難しさ。おそらく「とても難しい」という訳でぴったりなはずです。

”English is one of demanding subjects.”
(英語はとても難しい教科のひとつだ)

------------------------------------------------
ロンドン留学伝
http://sincos0715.fc2web.com
スポンサーサイト
  1. 2005/08/08(月) 00:01:03|
  2. 英語
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

マッカーサーのお母さん

の影響力も大きかったようですね。
息子の任地へ(国内)自分も行ってホテル住まいで、息子の動向を見守ったり、
昇進に関しても、軍務省長官や海外派遣軍の司令官に手紙を書いて、レインボー部隊での功績や部下への思いやり、卓越した戦略、国への忠誠心・・・など、アッピールしたそうです。
ダグラス・マッカーサーが軍人として成功した陰に、気丈なお母さんあり!みたいですよ。
・・・・母は、強し・・・・
  1. 2005/08/10(水) 22:11:15 |
  2. URL |
  3. 道子 #-
  4. [ 編集]

なるほど。

お母さんの話は一切出てこなかったので驚きです。
ほんとに気丈ですね。

しかし言い方換えると、まるでストーカーですね。
凡人の私としては、母にこうされると恥ずかしくて会社に居れなくなってしまう気がしますが。

才能のある人だからこそ、できたことなのでしょうね。
  1. 2005/08/12(金) 06:06:29 |
  2. URL |
  3. sincos0715 #fwl3aKnc
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sincos0715.blog2.fc2.com/tb.php/57-0f0a295e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。