今日出会えたEnglish

1日で触れることのできた英語について思いをはせます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Problem is that ...

[Problem is that ...]

「問題は~ということなのです。」という表現。
昨日の”Thing is that ...”とよく似た表現方法です。

こう表現すると、やはり同じようにthat以下の文が問題として強調されます。ビジネスや大人の会話では、話す内容が複雑で文自体が長くなったりしますので、その話の内容がいったいどういう意図で話されるのか、ということを先に述べておいて、聞き手の注目を惹くわけです。他に”‘Point is that ...”(要点は~です。)とか、”Important thing is that ...”等があります。

あと多いのが、こんな感じの表現。
”What I want to say is that ...”,”What she think is that ...”など、誰々が~していることは...です、といったもの。関係代名詞の”What”を頭にしています。
ちょうど私の留学中に、大学の授業料値上げ(正しくは、授業料設定を一定幅で各大学に任せる)が議論になっており、学生とブレアとの討論番組が放送されていました。
その中で、ブレアがいろいろと法律改正の根拠を述べるのですが、彼の話の内容が複雑なため、以下のような表現がありました。
”What we should take into account when we discuss this theme is that this amendment does not necessarily mean tuition fee increase.”
(この議論をする際に頭に入れておかなければならないことは、今回の法律改正が必ずしも授業料値上げを意味するものではないと言うことだ。)

さっきの”What”を使った文ですが、とにかく主語が長いんです。
複雑内容になってくると、こういった表現が多くなるんでしょう。
こういった類の会話が連発していました。
ただ、この表現って日本語と語順が同じですよね。そのまま置き換えやすくて、慣れてくれば結構使いやすいと思います。
-------------------------------------------
ロンドン留学伝
http://sincos0715.fc2web.com
スポンサーサイト
  1. 2005/07/29(金) 07:39:10|
  2. 留学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sincos0715.blog2.fc2.com/tb.php/49-1580a8a9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。