今日出会えたEnglish

1日で触れることのできた英語について思いをはせます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

こんなサイト見つけました。

http://ga.wgjp.com/esl/index.html

留学した身でいうのもなんですが、これ本当です。
外国だから一日中英語しゃべりっぱなし、なんて幻想。
そんな日一日もなかったです。
なので、帰国するとき少し怖かったです。
胸張って英語のできるやつになれたという自身が
なかったからです。
逆に、充実感を覚えて帰国する人の気持ちが信じられません。

まあ、私の場合、家族がいてうちに戻ったら日本語って
いう環境もありましたが。ロンドンに増殖中の20前後の
自由な若い人たちがうらやましくもありました。
でも彼らもきっとしゃべりっぱなしってわけじゃない
でしょう。

逆に私はそんな「自分の自由時間は少ない」という気持ちが
よかったのかもしれません。外に出かけたときには、必ず
携帯ショップに立ち寄り、買う気もないのに、値引き交渉やら
商品説明聴くやら、やってました。家では学校のプレゼンの
練習、バイトは半分現地人のIT会社でした。客先では一応
ビジネス英語(面倒な交渉ごとはあまりなかったですが)。
そんなこんなで1年後には、最終プレゼンで私の解答を理解しない講師陣に、逆ギレして英語でまくしたてる自分になってました。良いか悪いか別にして、体から英語が出るっていうのを
本当に感じた一瞬でした(でも、なぜか真意が伝わらなかったみたいです)。

まあ、要は気持ちと言うことなんだと思います。
気持ちのなえた今は英検40の落ちこぼれ野郎。
世間は「英語のできる(はずの)人」と言う目で見るから、
このままずるずる落ちていくわけにはいきません。
帰国後は、プレッシャーも生まれます。

留学者に対して、世間は温かいわけではありません。
英語ができるだけでは、大して何も変わりません。
確かにやったことのある人が少ない経験はできるかも
しれませんが、それが価値があるものとは限りません。

これを読んで、もう少し留学について考えませんか?
昨日ツルマルボーイ見せ場なく8着。
ゼンノロブロイ強かったです。
20041225212902.jpg

スポンサーサイト
  1. 2004/12/27(月) 22:10:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sincos0715.blog2.fc2.com/tb.php/4-799a446a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。