今日出会えたEnglish

1日で触れることのできた英語について思いをはせます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

take care

[take care]

文字どおり「気をつけて」の意味が派生して、「さようなら」という別れのあいさつでも使われます。
日本語でも別れ際に「それではお気をつけて」というやりとりがありますが、英語圏ではそういった気遣いの言葉が「さようなら」「それではまた」にまで派生したようです。

特にお店で店員から言われる場合が多いです。
ブランドショップが並ぶBond Streetで、冬のバーゲンに出かけ、Ralph Laurenで皮ジャンを購入しました。レジには長蛇の列ができており、私も並んでいました。
ショップの店員は上から下までRalph Laurenで固めたイギリス紳士(っぽい)。そんな店員が支払いを済ませ帰宅する客たちに”Take care.”と一言添える。雪の日だっただけに、紳士らしい気遣いにも聞こえる。

そんな場面で出会えた言葉なので、かっこよく思えてならないお気に入りの言葉です(日本のどこで使えるのか?)。
スポンサーサイト
  1. 2005/07/17(日) 11:10:23|
  2. 留学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sincos0715.blog2.fc2.com/tb.php/36-b71705f1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。