今日出会えたEnglish

1日で触れることのできた英語について思いをはせます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Hopefully

[hopefully]

「できるなら」「願わくば」という意味。

留学時は、よくレポート提出が求められたが、そのたびにこの言葉を聞いた。
”More than 1500 words, hopefully 2000.”(1500字以上、できれば2000字)なんて文字数条件をよく出された。
また、”You should refer to about 10 books or thesis for your final report, hopefully more than 15.”(最終レポートには10の本か論文等の参考文献が必要、できれば15以上)といった感じで、参考文献の数もよく指定された。

字数のほうは、表現の仕方を変えたりして何とかごまかせたけど、参考文献の数はなかなか増やせなかった。読むのにすごく時間がかかるし、読んだ挙句「参考にならなかった」という場合もあったし。

滞在当初は難しくても「話す」「書く」は慣れてくると度胸次第でどうにでもなるのですが、逆に日本人が一番勉強しているはずの「読む」はとても難しい印象だった。
学校で読む専門書も、例えば新聞も、使ってる単語が日本で触れてきたものとぜんぜん違ってるから。言葉の勉強には底がありません。
------------------------------------------------------------
ロンドン留学伝

http://sincos0715.fc2web.com/index.html
スポンサーサイト
  1. 2005/07/10(日) 07:58:58|
  2. 留学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sincos0715.blog2.fc2.com/tb.php/28-2349a4a5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。