今日出会えたEnglish

1日で触れることのできた英語について思いをはせます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Don't you dare

[Don't you dare]

最近、会社の英会話講座で、なぜか毎週カラオケを唄わされています。英会話の教室だけに、歌は英語のものに限られています。講師の狙いは、歌を覚えることによる英語上達らしいのですが、これが結構大変で。

私は、一から覚えるのが大変なので、昔好きで覚えた英語の歌を思い出し、唄っています。これまで3回唄い、Queenの”I was born to love you”、Cristina Agyrellaの”Beautiful”、そしてMe&Myの”Dub-i-dub”(懐かし~)。ちなみに、今週はOasisの”Whatever”を練習中。

唄ってみてわかるのは、歌には難しい表現や単語が多く、意外と学ぶところが多いということ(ただしビジネス英語と関係があるとは思えませんが)。”cause the fuss”(騒ぎ立てる)、”shoot the breeze”(おしゃべりする)、”doom”(運命)など。でも、こんな表現は、やはりネイティブである米英歌手の歌しか出てこず、Me&Myのような非ネイティブ(彼女らはデンマーク)の歌はとても素直な表現ばかりです。なので、比較的に、非ネイティブの歌を覚える方が、簡単だということに気づき、来週からはその手の歌を探すことにしています。

ですが、たまにわからない表現も出てきます。Dub-i-dubであったのが、”Don't you dare”です。”dare”が「大胆にも~する」という意味で、その反対なので「ばかげたことはしないで」ということになります。以前紹介した”Too ambitious”(大胆すぎる(無理だよ))とニュアンスが似た感じだと思います。

”Don't you dare come knocking on my door when you need someone to hold”
(誰か抱きたいからって、ノックして来るのはゼッタイやめてね)

これがDub-i-dubの歌詞です。別れて出て行った彼氏に対して怒っている歌で、この表現で「二度と戻って来ないでね。」と言ってるわけです(ただ、結局彼氏にまだ未練が残っている心情を唄っているようですが)。

今週のWhateverの次曲を探索中。
非ネイティブで唄いやすい歌はないでしょうか?
スポンサーサイト
  1. 2005/11/01(火) 06:18:46|
  2. 仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。